“宮処”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
みやこ33.3%
みやどころ33.3%
ミヤコ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“宮処”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.3%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
あきのみ草苅くさか宿やどれりし兎道うぢ宮処みやこ仮廬かりいほおもほゆ 〔巻一・七〕 額田王
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
また、「見れど飽かぬかも」という結句も、人麿の、「珠水激いはばしる滝の宮処みやこは、見れど飽かぬかも」(巻一・三六)のほか、万葉には可なりある。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
おほろかに思ふな子ども皇祖すめおや御書みふみれる神の宮処みやどころ
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
漣のクニ御神ミカミ心荒ウラサびて、荒れたる宮処ミヤコ見れば 悲しも(同)
叙景詩の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
古の人に我あれや、漣の古き宮処ミヤコを見れば 悲しも(黒人——万葉巻一)
叙景詩の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)