“こず”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
児好50.0%
小狡50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
元来が児好こずきの私の事だから、早速さっそく御馴染おなじみって、ちょいちょい遊びにやってくる、私も仕事の相間あいま退窟たいくつわすれに
闥の響 (新字新仮名) / 北村四海(著)
——「まさに、おれはこの年になつても子供だ。子供は親の云ふことを聞くものだ」と、練吉はいくらか小狡こずるく又いくらか皮肉げに傍観してゐた。
医師高間房一氏 (新字旧仮名) / 田畑修一郎(著)