“摺附木”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
マッチ66.7%
すりつけぎ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのまた中を合乗で乗切る心無し有難の君が代に、その日活計の土地の者が摺附木を張りながら、往来の花観る人をのみめて遂にの花を観ずにしまうかと
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
「はい、」と潤んだ含声の優しいのが聞えると、摺附木る。小さな松火真暗な中に、火鉢の前に、壁の隅に、手拭のった下に、中腰で洋燈火屋を持ったお雪の姿を鮮麗し出した。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
机のに押立たは二本書函、これには小形の爛缶が載せてある。机の下に差入れたはの欠けた火入、これには摺附木死体ッている。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)