“摺附木”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
マッチ66.7%
すりつけぎ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“摺附木”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「はい、」と潤んだ含声の優しいのが聞えると、ぱッ摺附木マッチる。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
手探りで摺附木マッチだけは探り当てたが、洋燈ランプが見附らない。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
机の下に差入れたはふちの欠けた火入、これには摺附木すりつけぎ死体しがいよこたわッている。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)