“摺附”の読み方と例文
読み方割合
すりつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
字では月草とも書いて露草の露と対照させているが、事実は衣に摺附けることが出来るから附き草で、それ故にまたウツシグサとも呼ばれていたのである。今でも女の児がこの花の色を。