“枕草紙”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まくらのそうし50.0%
かよい25.0%
まくらぞうし25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
清少納言『枕草紙』は、日本文芸史上屈指の傑作であり、またこの種の文芸作品としては世界においてもユニックなものと思われるが
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
決して悪気でした事では御座いませんじゃったが、人間の生胆枕草紙は警察が八釜しゅう御座いますケニなあ……。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
飯「何も隠す事はない、成程、ハヽア大層枕草紙をためたな」