“手習草紙”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
てならひざうし66.7%
てならいぞうし33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“手習草紙”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
此處こゝ彼處かしこ露地ろぢあたりに手習草紙てならひざうししたるがいたところゆ、いともしをらし。
弥次行 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
平次はたつた一と眼で、それは石見銀山いはみぎんざん鼠捕りか何んか、猛毒まうどくを飮んで死んだとわかりましたが、死骸の側にはその猛毒を入れたと思はれる椀も茶碗も、紙つ切一つなく、半枚づつの半紙を眞ん中でいで一枚にひろげたのに、手習草紙てならひざうしのやうな大きい假名文字で、
これが何だというと手習草紙てならいぞうしでね、博士が、夫人の手蹟を、何かの反故に手習したものなんだ。
一枚の切符 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
PR