地球盗難ちきゅうとうなん
「ほんとうかなア、——」 と、河村武夫はつい口に出してしまった。 「えッ、ほんとうて、何のことなの」 武夫と一緒に歩いていたお美代は、怪訝な顔をして武夫の方にすり寄った。 「イヤ何でもないことだよ。……只ネス湖の怪物がネ」 「ネス湖の怪物? …
作品に特徴的な語句
ゆるや つま さしわたし つた しめ がん いず おも かたわ かがや 相似そうじ むな がえ はず けい つらな めぐ まん あが もと きわ あら なに かご うち にく のが 際涯はて しな せん ひろ キイ ゆだ 博士せんせい さえ はず かえ 夕餐ゆうさん もとづ とお まじな あた きらめ ひしめ よご 水薬みずぐすり がら はなはだ あば 枕頭ちんとう まぶ ほう しな つな から ゆびさ こまね ぬぐ しま あし うなず あや いたずら いちじる 巍然きぜん いわ 岩蔵いわぞう さき じゃ うご 室内なか しゅう まか 失策しくじ 天上てんじょう 外面そとも たず 警鈴ベル かつ きびす わい 何処いずこ どう にわ 雀躍こおど