十日の菊とおかのきく
庭の山茶花も散りかけた頃である。震災後家を挙げて阪地に去られた小山内君がぷらとん社の主人を伴い、倶に上京してわたしの家を訪われた。両君の来意は近年徒に拙を養うにのみ力めているわたしを激励して、小説に筆を執らしめんとするにあったらしい。 わた …
作品に特徴的な語句
たわむる こころよか とどま えい かわり 空腹すきっぱら せつ もゆ つい おく 進入はい もっとも もっとも ほとんど いささか おとな にぎわ 一葉いちよう こご つと たん さまたげ 巴里パリー いたずら はら うるお 煙管キセル はなはだ やに なか 行燈あんどう なまり せめ にわか 附着くっつ 饒舌じょうぜつ 一場いちじょう 下駄げた とも 傀儡かいらい 僑居きょうきょ まぬか こいねが かぶ 十文ともん なかば 半紙はんし かわや 反古ほご 吾人ごじん 唐傘からかさ 唖々ああ ただ あざけ 土鍋どなべ 垢抜あかぬ ねぐら ふさ ちり ゆうべ 奔流ほんりゅう みょう たの 宛然さながら 小春こはる 小禽ことり 平生へいぜい 座附ざつき 引掛ひっか 弾劾だんがい 微醺びくん かならず 必須ひっす たちま 所以ゆえん 抽斗ひきだし 指擿してき 推敲すいこう 揣摩しま 操履そうり 操觚そうこ 新様しんよう 日子にっし あした 曠世こうせい きた さかずき