“つげ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
黄楊62.1%
16.1%
柘植14.5%
1.6%
都祁1.6%
告示0.8%
宣告0.8%
0.8%
樿0.8%
津下0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
黄楊の木の二三本にのやうなこまかい白い花がいつぱいに咲いてゐるのが、隅の方に貧しくしほらしい裝ひを見せてゐたけれ共
木乃伊の口紅 (旧字旧仮名) / 田村俊子(著)
時に悪霊余にていわく、「汝祈祷の熱心を以て不治の病者を救いし例を知らざるか、汝の祈祷の聴かれざりしは汝の熱心足らざりしが故なり」
基督信徒のなぐさめ (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
眺め飽かぬ鈴鹿山脈の溪谷を横斷して汽車が伊賀の國境を踰えると、すぐ柘植の驛がある。芭蕉はこの柘植で生まれたといふことである。
伊賀国 (旧字旧仮名) / 近松秋江(著)
『樫づんど 若木のの森 雪隠椿、門に柚の木』
随筆 寄席囃子 (新字新仮名) / 正岡容(著)
意富小子部の連・坂合部の連・火の君・大分の君・阿蘇の君・筑紫の三家の連・雀部の臣・雀部の小長谷の造・都祁伊余の國の造・科野の國の造・道の奧の石城の國の造・常道の仲の國の造・長狹の國の造・伊勢の船木の直・尾張の丹羽の臣・島田の臣等の祖先です。
という夢中の告示をうけた青春の遺跡であった。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
天つ御法のおん宣告
茴香 (新字旧仮名) / 末吉安持(著)
五木とは、つのしてふのですが、まだそのなぞがえてます。えてます。それからえてます。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
そして、本館は水松の刈込垣でらされ、壁廓の四周には、様々の動物の形や頭文字を籬状に刈り込んだ、樿や糸杉の象徴樹が並んでいた。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
同じ年の夏、自由党員の納涼会を朝日川に催すこととなり、女子懇親会にも同遊を交渉しりければ、元老女史竹内、津下の両女史とりてこれに応じ、同日夕刻より船を朝日川にぶ。
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)