“鰻上”の読み方と例文
読み方割合
うなぎのぼ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これにはさすがに驚いた。危うく言い触らされそうになって、幾度止めたかわからない。しまいには、百両、三百両、五百両と、鰻上りの口止め料を
栃木山はその後鰻上りに三役につた。そしてその時も羽州山を呼んで、懐中から紙包みを取り出した。
これにはさすがに驚いた。危ふく言ひ觸らされさうになつて、幾度止めたかわからない。しまひには、百兩、三百兩、五百兩と、鰻上りに口止め料を