“半助”の読み方と例文
読み方割合
はんすけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ご主人半助さまには、きさまのような小僧になんのご用もないとおっしゃった。ペラペラむだ口をたたきおらずと退散せい」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「主人と私と、増屋の若旦那の佐太郎様と、木戸番の半助と、番人の助七夫婦と、孝行藤六くらいのものでございます」
その頃は半助といふ言葉も通用しまた壱円のことを大そうらしく武内に面会せんなぞといふもあり。
桑中喜語 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)