宇賀長者物語うかのちょうじゃものがたり
牡丹の花の咲いたような王朝時代が衰えて、武家朝時代が顕れようとしている比のことでありました。土佐の国の浦戸と云う処に宇賀長者と云う長者がありました。浦戸は土佐日記などにも見えている古い土地で、その当時は今の浦戸港の入江が奥深く入り込んで、高 …
作品に特徴的な語句
むこう おび こぼ 位置むき あかり 老爺おじい きもの とも 脊丈せだけ 何人たれ じぶん あご つぶら 大祓おおばらい 横道おうちゃく 下婢はしため 丘陵おか 縁切えんき おのれ がん なま うな へり 田地でんち げなん 掠奪さら さま ぜん むすめ ごろ 塗籠ぬりかご 燈火ともしび おこ にく うらみ そばだ 戯言じょうだん かすか 平生いつも 干潮ひしお 巌陰いわかげ 苦笑にがわらい いわ 小丘しょうきゅう 数多たくさん 宮柱みやはしら あか 糠塚ぬかづか 築地ついじ 外海がいかい 外宮げぐう 東北ひがしきた 在所ざいしょ 種種しゅじゅ 正午おひる あやま 中脊ちゅうぜい うお ころ 比島ひしま 交易かえかえ におい さき たち うか なん うさぎ から 何人だれ とも あらわ 翌晩あくるばん にっ 狂人きちがい 狼藉ろうぜき ばち まと すく すが 珠数じゅず たま 縁側えんがわ 瓦盃かわらけ 篠掛しのかけ 真紅まっか ねむ ぬか いそ はえ 祈祷きとう 竜宮りゅうぐう