愚痴かごと)” の例文
旧字:愚癡
「なにを言うぞ。……愚痴老人のくせじゃ、たとえ二年が三年遅れたとて、こう戻り来して、まさめに眉面つきを見たうえは、長年の思いも晴れたそうな」
生霊 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
……されば、逐々戻り来しか。来る年も来る年も待ちったが、冥土の便宜覚束ないか、いっこう、すがたをお見されぬ。今もいま、刀自愚痴いうていた。……ああ、ようまあ戻り来しぞ。
生霊 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)