“眼上”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
めうえ66.7%
めのうえ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“眼上”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
眼上めうえと折りあわねばらしめられたばかりの事
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
どんな席に置かれても、眼上めうえの前でも、至って窮屈がらないたちの信長は、眼八分に持ってくる銚子にも、小笠原流の料理、故実こじつのやかましい膳部も、極めてこだわりのない姿で、
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
さるをいま和主が、一ぜんもと射殺いころしたれば、わがためにうれいを去りしのみか、取不直とりもなおさず大王が、眼上めのうえこぶを払ひしに等し。今より後は大王も、枕を高く休みたまはん、これひとへに和主が働き、その功実に抜群なりかし。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)