山椒大夫さんしょうだゆう
越後の春日を経て今津へ出る道を、珍らしい旅人の一群れが歩いている。母は三十歳を踰えたばかりの女で、二人の子供を連れている。姉は十四、弟は十二である。それに四十ぐらいの女中が一人ついて、くたびれた同胞二人を、「もうじきにお宿にお着きなさいます …
作品に特徴的な語句
一向ひとむ くだもの しょう しえた 瘧病おこりやみ しゅう 俯伏うつふ いえ 禿かぶろ しも 炬火たてあかし すなどり かさ あた ひさご ゆる 萱草わすれぐさ おさ ほそどの はしため はし めしい わらわ はた かり むちう かご くれない ぬる めぐら ゆら さお くつ 小家こや そく くびす やっこ 国府こふ 国守くにのかみ こお おしまずき つむり 上手かみて 人気じんき しろもの 藁葺わらぶ 彼岸かのきし こも 手挾たはさ かんむり めぐ とも 馬道めどう ぬぐ うるお 差支さしつか 粔籹おこしごめ かし いさか 岨道そわみち 出立いでた さき 烙印やきいん さか 物詣ものまい 饗応もてなし じよう きこり とど 高札たかふだ 運験うんだめ 大廈おおいえ 船路ふなじ かみ 燈火ともしび 金像こんぞう まり 数珠ずず うから 臓腑ぞうふ そう さと かたかゆ ふなばた もや はだ