“でたらめ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
出鱈目99.3%
出鱒目0.3%
虚構0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ただし、なにか思うところがあってやっているのか、それとも出鱈目なのか、こんな風来人のことだから、性根のほどはわからない。
顎十郎捕物帳:05 ねずみ (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
読みながら道庵は、自分ひとりが高速度的にいい心持になって行くと見えて、盛んに、朗読だか、暗誦だか、出鱒目だか、遠くで聞いていてはわからない文句を並べました。
大菩薩峠:26 めいろの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
もう斯う心機が一転しては、彼様な女に関係している気も無くなったから、女とは金で手を切って了った。其時女の素性も始めて知ったが、当人の言う所は皆虚構だった。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)