“婆娑”の読み方と例文
読み方割合
ばさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
涼風一陣吹到るに、ませによろぼい懸る夕顔の影法師が婆娑として舞い出し、さてわ百合の葉末にすがる露のが、忽ちと成ッて飛迷う。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
婆娑とした街路樹がかすかな露気を額にさしかけ、その下をランデ・ヴウの男女が燕のように閃いてすれ違う。
巴里祭 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
ちょうどよいとここに一夜を明かしている虚無僧らしいのである。の火が赤く立つと、大きな人影が婆娑として壁に映る。独り尺八を吹いているのだ。
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)