“ねこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ネコ
語句割合
83.0%
寝込5.5%
寐込2.8%
寢込2.3%
寝子1.4%
寝転0.9%
根掘0.9%
眠込0.9%
0.5%
根扱0.5%
熟睡0.5%
猫兒0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いつでも可愛がりに愛されていて、身体こそ、六尺、十九貫もありましたが、ベビイ・フェイスの、だ、ほんとに子供でした。
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)
後から考えて見たら、汽車の動いてる最中に寝込んだもんだから、汽車の留ったために、眠りが調子を失ってどこかへ飛んで行ったのである。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ぐッすり寐込んででもいようもんなら、盗賊遁込んだようじゃから、なぞというて、叩き起して周章てさせる。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
つたか、寢込んだか、馬方め、馬鹿にしやがると、異説紛々たるへ、提灯片手せいて
十六夜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
寝子赤子も釣り得べきなり。
東京市騒擾中の釣 (新字旧仮名) / 石井研堂(著)
身体の楽になった彼は、寝転ろんでただ退院の日を待つだけであった。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
次に天のカグ山のつた賢木根掘ぎにこいで、の枝に大きな勾玉の澤山の玉の緒を懸け、中の枝には大きな鏡を懸け、下の枝には麻だのの皮のしたのなどをさげて
……南無三寶、ほんにまア眠込んでござることぢゃ! でも是非さにゃならぬ。……さまさま/\! へあの這入らしゃってもよいかや? そしたら飛起きさっしゃらうがな。
根津大観音に近く、金田夫人の家や二弦琴の師匠や車宿や、ないし落雲館中学などと、いずれも『吾輩である』の編中でなじみ越しの家々の間に
僕の昔 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
僕かね、僕だってうんとあるのさ、けれども何分貧乏とひまがないから、篤行の君子を気取ってと首っきしているのだ。子供の時分には腕白者でけんかがすきで、よくアバレ者としかられた。
僕の昔 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
観音堂の屋根はころびかかり、檜木六本、六本、都合十二本の大木が墓地への通路で根扱ぎになったと言って見せるものがある。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
『まァ、それは福鼠ふには——』と帽子屋けて、しや打消されはしないかと、心配さうに四邊見廻しましたが、福鼠打消すどころか、もうくに熟睡んでました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
我詩には、店の卓の上なる猫兒、店の女房と價を爭ひたる、若き「カツプチノ」僧さへ、殘ることなく入りぬ。
かばかりの金をてもらって、その日その日を何もせずに暮しているのであった。昼でも彼はろんでいる。いつ行って見ても彼はごろりと臥ろんで何かむしゃむしゃと食べていた。
黄色い晩 (新字新仮名) / 小川未明(著)