“根掘”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ねほ71.4%
ねこ28.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ただとして、てここにつおりしてきたいことがございます。それは現世生活模様をあまり根掘葉掘りおねになられぬことでございます。
四月三日 今日はいいけられて一日古い根掘りをしたので大へんつかれた。
或る農学生の日誌 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
天の香山眞男鹿の肩を内拔きに拔きて一一、天の香山の天の波波迦一二を取りて、占合まかなはしめて一三、天の香山の五百津の眞賢木根掘じにこじて一四
次に天のカグ山のつた賢木根掘ぎにこいで、の枝に大きな勾玉の澤山の玉の緒を懸け、中の枝には大きな鏡を懸け、下の枝には麻だのの皮のしたのなどをさげて