“賢木”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さかき75.0%
サカキ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
祭の折に賢木って神人に渡す役を、元は山人が仕え申したということは、もっとも注意を要する点かと心得ます。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
次に天のカグ山のつた賢木根掘ぎにこいで、の枝に大きな勾玉の澤山の玉の緒を懸け、中の枝には大きな鏡を懸け、下の枝には麻だのの皮のしたのなどをさげて
周防の娑麽の魁師神夏磯媛は、天子の使ひ来ると知つて、磯津山の賢木を根こじにし、上枝八握劔、中枝八咫鏡、下枝には、八尺瓊を掛けた上に、素幡を船のに樹てゝ
幣束から旗さし物へ (新字旧仮名) / 折口信夫(著)