“寢込”の読み方と例文
新字:寝込
読み方割合
ねこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
つたか、寢込んだか、馬方め、馬鹿にしやがると、異説紛々たるへ、提灯片手せいて
十六夜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
彼等ちにグリフォン(鷲頭獅身怪物)のて、日向ぽつこしながら寢込んでひました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
をかきててくれたので、ほか/\いゝ心持になつて、ぐつすり寢込むだ。
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)