“寝転:ねこ” の例文
“寝転:ねこ”を含む作品の著者(上位)作品数
夏目漱石2
“寝転:ねこ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ひっそりして人の気合けわいもしないから、泥足のまま椽側えんがわあがって座蒲団の真中へ寝転ねころんで見るといい心持ちだ。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
身体からだの楽になった彼は、寝転ねころんでただ退院の日を待つだけであった。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)