“寝子”の読み方と例文
読み方割合
ねこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのね、手水鉢の前に、な影法師見るように、脚榻に腰を掛けて、綿の厚い寝子ってるのが、何だっけ、君が云った、その伝五郎。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
寝子赤子も釣り得べきなり。
東京市騒擾中の釣 (新字旧仮名) / 石井研堂(著)
(えへん)とを太くして、な手で、灰吹を持上げたのが見えて、離れて煙管が映る。——もう一倍、その時図体が拡がったのは、袖を開いたらしい。此奴寝子広袖を着ている。
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)