“絵描座”の読み方と例文
読み方割合
えかきざ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし、久米一より大事な罪人、絵描座の兆二郎と、娘のの姿は、捕手が入った時すでに、影も形も見えなくなっていた。
増長天王 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「今、あわてて逃げだした男女は、久米一の娘のさんと絵描座に仕事をしている、兆二郎という若造ですぜ」
増長天王 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それが絵描座兆二郎であることはいうまでもないが、その部屋へ入るとやがて、兆二郎の姿はどこかへ消えてしまう。そして、戸棚の上の天井板が黒い口を開くのである。
増長天王 (新字新仮名) / 吉川英治(著)