“天井板”の読み方と例文
読み方割合
てんじょういた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と一声、錆槍穂先で、いきなり真上の天井板を突いた。とたんに、屋根裏をがかけまわるような、すさまじい音が、ドタドタドタきまわった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
もっともそれからだいぶ手を入れた。ほとんど新築したも同然さとかつて須永が説明して聞かせた時に、敬太郎はなるほどそうかと思って、二階の床柱や天井板を見廻した事がある。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
それが絵描座兆二郎であることはいうまでもないが、その部屋へ入るとやがて、兆二郎の姿はどこかへ消えてしまう。そして、戸棚の上の天井板が黒い口を開くのである。
増長天王 (新字新仮名) / 吉川英治(著)