“絞首臺”の読み方と例文
新字:絞首台
読み方割合
かうしゆだい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
美しい景色の中を通つて絞首臺へ曳かれて行く者は、路邊に微笑んでゐる花のことよりも首斬臺と斧の齒のことを、骨と血管の斷たれることを、行き着く處に口を開けてゐる墓穴のことを考へる。