“三尺角”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さんじゃくかく50.0%
さんじやくかく50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“三尺角”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
薄い光線が屋根板の合目あわせめかられて、かすかに樟に映ったが、巨大なるこの材木は唯単ただたん三尺角さんじゃくかくのみのものではなかった。
三尺角 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
うす光線くわうせん屋根板やねいた合目あはせめかられて、かすかにくすうつつたが、巨大きよだいなるこの材木ざいもくたゞたん三尺角さんじやくかくのみのものではなかつた。
三尺角 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)