“小天狗”の読み方と例文
読み方割合
こてんぐ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「おめえはせても枯れても岸沢蝶太夫だぞ、そうだろう、常磐津綱太夫の弟子では、小天狗といわれた、いまの綱太夫なんか、へっ、おれの履物を直したもんだ、ほんとだぜ」
五瓣の椿 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
「恐れるな。小天狗め、」とさも悔しげに口の内にいて、洋杖をちょいとついて、小刻に二ツ三ツの上をつついたが、げに帽の前を俯向けて、射る日をり、しそうに、一人で歩き出した。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
権七ぢやない! 小天狗が、天守から見張りにたな。』
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)