“所由”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いわれ37.5%
いはれ25.0%
しょゆう12.5%
ゆゑ12.5%
よし12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
所由いわれを聞き「なるほど解りやした、当節かたりがはやるから、それで二重どりをさせねえ魂胆こんたん、よくしたものでごぜえやすねえ」といふ。
同様に例えば日本の短歌の詩形が日本で始めて発生したものと速断するのも所由いわれのないことであろうと思う。
短歌の詩形 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
またきわめてその所由いわれなきに似たり。
武士を夷ということの考 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
そのついでに自然と娘の猿を可愛がる所由いはれも御耳にはいつたのでございませう。
地獄変 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
その序に自然と娘の猿を可愛がる所由いはれも御耳にはいつたのでございませう。
地獄変 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
交情ようやく疎にして、今は他人と異なることなきほどまでになりたれば、某を思うことかつてなかりしが、明治十六年の暑中に、一日のひまを得て郊外を散歩せしに、途中にて図らずも某に邂逅かいこうし、種々笑談の後、某の著しく衰弱せるをあやしみ、その所由しょゆうを問いしに、某は過般来、脚気症の気味ありしが、夏期に至り病勢増進して、一時は歩行することあたわざるまでに至りしゆえ、湯治を兼ねて某所へ転地せり。
迷信と宗教 (新字新仮名) / 井上円了(著)
いかにぞ虚空津日高そらつひこの泣き患へたまふ所由ゆゑは」と問へば、答へたまはく
かれここに天照らす大御神、高御産巣日の神、また諸のかみたちに問ひたまはく、「天若日子久しく復奏かへりごとまをさず、またいづれの神を遣はして、天若日子が久しく留まれる所由よしを問はむ」とのりたまひき。