“孔明”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こうめい95.5%
あなあ4.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“孔明”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究4.5%
自然科学 > 植物学 > 植物学4.2%
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
五丈原頭孔明こうめいを秘して潰走かいそうした蜀兵の哀寂と同じものが、一同の胸へこみ上げてくるのだった。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
玄徳は新野しんやにあって、すでに孔明こうめいを迎え、彼も将来の計にたいして、準備おさおさ怠りない時であった。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
第九十四 マカロニプデン これは西洋の孔明あなあ饂飩うどんです。長いのを四本ばかり一寸位ずつに折ってげ付かせないように一時間ほど湯煮ゆでて前の通りカスターの中へ入れます。
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
同じメリケン粉でも伊太利いたりー仏蘭西ふらんすの南部の方から出るのは気候風土が日本に似ているせいか大層粘着力が多くって饂飩には極く上等です。西洋の孔明あなあき饂飩と俗に申しますマカロニは伊太利製を上等としてありますがつまりその国の小麦粉が饂飩に適しているからでしょう。
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)