“喜連格子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きつれごうし66.7%
きつれがうし33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おそるおそる喜連格子をのぞいた途端に、吹っ飛ぶように馳けて行った男の声が、やがて後方の畑から、土着のたれかれを寄せ集めて来て
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と云いながら喜連格子へ手をかけて左右へ明けて見ると、正面に本尊が飾ってある。銅灯籠があって、雪洞様の物に灯火いてあるけれども、誠に暗くって分らん。
町子ごゝちのごとくをかへして背後るに、雲間のほのるく、社前のふりたるさま、紅白ながくれて古鏡さびたるもみゆ、あらしさつと喜連格子づるれば
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)