“陶醉”の読み方と例文
新字:陶酔
読み方(ふりがな)割合
たうすゐ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“陶醉”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 諸芸・娯楽 > 射倖ゲーム100.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.3%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
宇古木兵馬は苦笑ひをするのです。物慾に陶醉たうすゐしきつた人の魂は、名僧智識といへども、どうすることも出來なかつたでせう。
大手柄に陶醉たうすゐして、八五郎はこんな事を言ひますが、仕事に神經質な平次はどうしても諦らめ切れません。