“膅”の読み方と例文
読み方割合
とう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
うやうやしく献上したものだったが、が磨滅した、役にもたたぬ廃物同様の古砲だったので、家光は激怒して、そっくりつっ返させたその四門の加農砲だったのである。
ひどい煙 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)