“仏足”の読み方と例文
読み方割合
ぶっそく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
堂に法華と云い、石に仏足と云い、相輪と云い、院に浄土と云うも、ただ名と年と歴史をして吾事ると思うはいて活ける人を髣髴するようなものである。見るは名あるがためではない。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)