雲と子守歌くもとこもりうた
どんなに寒い日でも、健康な若い人たちは、家にじっとしていられず、なんらか楽しみの影を追うて、喜びに胸をふくらませ、往来を歩いています。こうした人たちの集まるところは、いつも笑い声のたえるときがなければ、口笛や、ジャズのひびきなどで、煮えくり …
作品に特徴的な語句
なお かい 白光しろびか しょ うえ 真実しんじつ はっ ねつ がた しん 外部がいぶ 報知ほうち つう 鋼鉄こうてつ わか いえ しつ くる じつ 寂然せきぜん 色紙いろがみ 色彩しきさい えが ほう 看護かんご かた よる 日増ひま おお そと たい ごえ あか 転倒てんとう 希望きぼう 肉体にくたい ねん 幾回いくかい 病床びょうしょう ふく 病人びょうにん 清浄せいじょう けん よこ こと あたた ひら べつ あいだ なか 階下かいか きゅう つめ きよ 内部ないぶ はは ひか かたむ 粉雪こなゆき おと あたま たよ そな れい からだ 顔色かおいろ 往復おうふく 往来おうらい こつ とう 窓際まどぎわ まど かわ いの 着物きもの かみ わたし そら