“維亭”の読み方と例文
読み方割合
いてい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
相伝う、維亭の張小舎、を察すと。たまたま市中を歩く。一人の衣冠甚だ整いたるが、草をう者に遭うて、数茎を抜き取り、ってにゆくを見る。