“唾気”の読み方と例文
読み方割合
つばき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は、えがらつぽい唾気を庭先へ吐き飛ばすと、再び寝床へもぐつて、両眼をパツチリと視張つた儘、障子の明るいところを眺めてゐる。
眠い一日 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
なんぞは話してゐても、自然と唾気がたまつて来ますぜ。そりや清湯燕窩だとか清湯鴒蛋だとかとは、比べものにもにもなりませんや。
LOS CAPRICHOS (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
唾気がたまるのでは——」
南国太平記 (新字新仮名) / 直木三十五(著)