梓川の上流あずさがわのじょうりゅう
明科停車場を下りると、犀川の西に一列の大山脈が峙っているのが見える、我々は飛騨山脈などと小さい名を言わずに、日本アルプスとここを呼んでいる、この山々には、名のない、あるいは名の知られていない高山が多い、地理書の上では有名になっていながら、山 …
作品に特徴的な語句
生活ずまい ならぶ 容貌かたち いかつ スウエル そよ ちぢ 近傍そば いま うま 仮令よし ほど 河内こうち へき あで 由緒いわれ 方法やりかた 断片きれっぱし もろも かつ やわらか 砕片きれっぱし こぼ がえ 荒男あらしお さま 大作マスタアピース つま 沮洳じめじめ 纏繞まといつ はさ 松脂やに いつ 俛首うなだれ かんばせ たて みこと かた 経緯たてぬき さが 徒渉かちわたり うしろ まなこ くしけず ほた 芳芬におい 茄子なすび じに いん ふせ 翡翠かわせみ 蒼海わだつみ とこし もが 悄然しょんぼり わらび 心臓ハート ぶと うご きいろ たちま きずつ 凸凹たかひく すす はか はや 結象コンクリーション はじ おど 沿 山刀なた 幅濶はばびろ すね ふき もろ 破毀はき 胡乱うろん まつ みどり ほこら かざ 紫檀したん かさ