“上田万年”の読み方と例文
旧字:上田萬年
読み方割合
うえだかずとし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大正六年に東京の啓成社で発行した上田万年博士ほか四氏共編の『大字典』には「【𦼠】カイ国字」と出で、また
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
ところが四月十一日に至って、余はらずも上田万年芳賀矢一二博士から好意的の訪問を受けた。
博士問題の成行 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
丁度上田万年博士が帰朝したてで、飛白の羽織に鳥打帽という書生風で度々遊びに来ていた。
斎藤緑雨 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)