“こぼす”の漢字の書き方と例文
語句割合
100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
家の内儀かみさんがこぼすまいことか。この米の高いのに一人で四、五人前も食べられては勘定に合わない。といって永年ながねん下宿していらっしゃるお客様だし、副食物おかずのお更りなら銭も取れるが飯の代を余計に貰う事も出来んといつでも愚痴ぐちばかり言う。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)