“蛬”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きりぎりす66.7%
こほろぎ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
きりぎりすぢやねえが、くちらさねえぢやらんねえな」といつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
其角に「すむ月や髭を立てたるきりぎりす」という句がある。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
しか刈萱かるかやみのいつしかにつゆしげく、芭蕉ばせをそゝ夜半よはあめ、やがてれてくもしろく、芙蓉ふようひるこほろぎときるとしもあらずやなぎなゝめすだれおどろかせば、夏痩なつやせにうつくしきが、轉寢うたゝねゆめよりめて
月令十二態 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)