“どら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
銅鑼85.0%
銅羅7.0%
4.0%
2.0%
放蕩1.0%
銅銭1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
銅鑼が鳴ってから一件の背広を届けに、兄が、母の表現を借りると、スルスルとのように、人波をかきわけ登ってきてくれました。
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)
最初の銅羅が暁を破ると見送人達は鉄梯子を下りて対岸に並ぶと、二度目の銅羅と一斉にわめき出す。
孟買挿話 (新字新仮名) / 吉行エイスケ(著)
「幾階か持ちて行くべき。」との如く叫びし馭丁は、いち早く登りて梯の上に立てり。
舞姫 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
んとこの息子どんはおとなしくって仕合せだが、おらの新太の野郎なんざア、ハア放蕩べえぶって、川崎べえ往ってハア三日も四日も宅へ帰らねえで困るが
この船には、初盆の遺族、来賓、主催者等が乗り、十数人の僧侶がならんで、読経をする。銅銭、鉦、木魚の音。
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)