“金打:きんちやう” の例文
“金打:きんちやう”を含む作品の著者(上位)作品数
野村胡堂1
“金打:きんちやう”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「武士なら、金打きんちやうといふところだ。八五郎が木枯の傳次か傳次でねえか、確かな證據を揃へてお眼にかけよう。三日の間に眞物ほんものの木枯の傳次を縛れなかつたら、十手捕繩を返上してこの平次がまげを切つて詫ようぢやないか」