黒白ストーリーこくびゃくストーリー
飯田町附近の材木置場の中に板が一面に立て並べてあった。イナセな仕事着を着た若い者三平はその板をアチコチと並べ直しながらしきりにコワイロを使い、時には変な身ぶりを交ぜた。三平は芝居気違いであった。 三平はふと耳を澄ました。材木の間から向うをの …
作品に特徴的な語句
たら 退ずさ うわ かお 夫婦いっしょ 這入はいっ 岨道ほそみち ただ 水揚みずあげ くすぶ きた くう せな かたわら そむ わたし ずつ のち 後退あとじさ かか ゆびさ やみ さつ よう よご とろ ひとり 白粉しろい 瞽女めくら から なじ 退 つら 一寸ちょっと 一所いっしょ 万平まんぺい 下渡さげわた うち 丹精たんせい 仕舞しま 他人ひと 会釈えしゃく 位取くらいど てい くるま そば 儼然げんぜん 光景ありさま 内輪うちわ まる 半巾ハンケチ 吃驚びっくり きち 名残なごり 呼鈴よびりん むせ 咽喉のど 喘息ぜんそく うしな 変梃へんてこ よろ へや うち 家中うちじゅう きっ 巣籠すごも ほろ ついで 度毎たびごと 弥々いよいよ 弾丸たま 忌々いまいま 恍惚こうこつ うやうや 悄気しょげ 愛想あいそ はばか ふところ おのの 手引てびき 手提てさげ 手筥てばこ つま こまぬ 拳銃ピストル 指環ゆびわ むし かす