飴チョコの天使あめチョコのてんし
青い、美しい空の下に、黒い煙の上がる、煙突の幾本か立った工場がありました。その工場の中では、飴チョコを製造していました。 製造された飴チョコは、小さな箱の中に入れられて、方々の町や、村や、また都会に向かって送られるのでありました。 ある日、 …
作品に特徴的な語句
百姓しょう かお うえ あた せん けむり どぶ 生活せいかつ よご 白犬しろいぬ 東京とうきょう から 空箱からばこ ばこ あか 日盛ひざか ほう わか えが 往来おうらい ごと かた ねん 工場こうじょう へん いえ おお そと かさ 四方よも あいだ あた なか にん 人通ひとどお なか しず おと れい たよ はい ひか くろ 一人ひとり いぬ ひと 黄昏たそがれ 用事ようじ 田舎いなか おとこ たましい まち いた おに えき かざ いし やぶ そら 空想くうそう あめ こた はこ 箱車はこぐるま かみ 線路せんろ なわ うつく かんが 自分じぶん はこ つく あそ ゆき 運命うんめい みち