“白犬”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しろ57.1%
しろいぬ42.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“白犬”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「何と言ふ色氣のない顏をするんだ。縁先で遊んで居た白犬しろが逃出したぢやないか、手前てめえに喰ひ付かれると思つたんだらう」
「何という色気のない顔をするんだ。縁先で遊んでいた白犬しろが逃出したじゃないか、手前てめえに喰い付かれると思ったんだろう」
かれあとからは、びっこの白犬しろいぬと、みみれた斑犬まだらいぬがついていきました。
花の咲く前 (新字新仮名) / 小川未明(著)
ある時わしとって押へしより、名をば鷲郎わしろうと呼ばれぬ。こは鷲をりし白犬しろいぬなれば、鷲白わししろといふ心なるよし。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)