わし
今もむかしも川崎の大師は二十一日が縁日で、殊に正五九の三月は参詣人が多い。江戸から少しく路程は離れているが、足弱は高輪あたりから駕籠に乗ってゆく。達者な者は早朝から江戸を出て草履か草鞋ばきで日帰りの短い旅をする。それやこれやで、汽車や電車の …
作品に特徴的な語句
しゅう かち いちじ かぶり くち たま がく 出張でばり 彼女かれ 怖々おずおず 洲崎すざき 顔容かおだち つら 呵々からから 大熱だいねつ 大蛇だいじゃ 宿しゅく 強薬つよぐすり 日和びより 晃々こうこう けむ 獣狩けものがり かけ もう おど たく くも ひま がん まんま 飼鳥かいどり 一途いちず 三月みつき 上総かずさ 下男げなん 不憫ふびん 与力よりき 中間ちゅうげん 乃至ないし 久助きゅうすけ 二時ふたとき 亢奮こうふん 仔鷲こわし 会釈えしゃく 作男さくおとこ 俯向うつむ いつわ ひや 冷々ひやひや 出張でば 出役しゅつやく 出来しゅったい 刹那せつな 功名こうみょう 十日とおか ども 呶鳴どな うわさ 固唾かたず ねぐら 多寡たか 安房あわ なだ うち 宿許やどもと しゃく 尾白おじろ けわ 年番ねんばん とこ 当歳とうさい 律義りちぎ 徘徊はいかい せがれ いた 持場もちば おきて かす つか 文金ぶんきん 昼食ちゅうじき 朔日ついたち 木樵きこり あん くす 権現ごんげん けやき 殺生せっしょう 母屋おもや 気質かたぎ 注進ちゅうしん
題名が同じ作品
(新字新仮名)田中貢太郎 (著)
(旧字旧仮名)三好達治 (著)