“委細承知”の読み方と例文
読み方割合
いさいしょうち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、勘平は、すぐ、盲阿弥の旨のまま、委細承知——という文意を簡略にめてやった。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そうして委細承知で救いの手を伸ばしておいて、知らぬ顔して帰って行く金山寺屋の音松のうしろ姿に、思わずを合わせた壁辰とお妙——さては、二度の捕繩をあやうく逃れたの神尾喬之助
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
委細承知、はや、まいられい!」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)