“捨置難”の読み方と例文
読み方割合
すておきがた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
定め乳母に相談せんものとに乳母を呼て彼の艷書の儘に見せければ乳母は大いに打驚き是は此儘に捨置難し旦那樣へ御見せ申さんとて立んとるを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
長屋の者の一同は捨置難き二つの珍事にも家主庄兵衞が殺されたるは大變なりと其の山田元益の許へも斯と報知るに元益驚き來り家内を改め見たる所ろ何一つだに紛失
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
後悔の外には更にあらざりけり然ども大藤親子の者糊賣老婆お金まで彼方に在ては捨置難しと三個が衣類其の他をも此方より持せやり忠兵衞をして音羽町の二軒の家を終了せて家財
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)