“開閉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あけたて88.5%
かいへい3.8%
ひろげすぼめ3.8%
スイッチ3.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
女中も物珍らしく遊びたいから、手廻しよく、留守は板戸の開閉一つで往来の出来る、家主の店へ頼んで、一足せにでも
沼夫人 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
道路堤防りにつて地割れをすこともあるが、それはいたまゝであつて、開閉繰返すものではない。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
げなば定めて村人の驚き羨まんにと思ふ氣色なりまたて我に近づき先ほど見上げましたが珍しい蝙蝠傘きがなしでよく左樣に開閉が出來ます高い品でござりませうと是も亦片手に握りて見たき顏の色に我はヱヘンとして斯樣な物は東京に住む者が流行に逐はれて馬鹿の看板に致すなり地方の人は鰐皮の革提の代りに布袋を
木曽道中記 (旧字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
尚、当時奈落には、二人の道具方がいたのだったけれども、合憎二人とも、開閉室に入っていたので、その隙に何者が入り来ったものか、知る由もなかった。
オフェリヤ殺し (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)